杉咲花主演「おちょやん」モデルは誰?キャストあらすじ総まとめ!

ドラマ・映画

2020年前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『エール』が放送されていました。
2020年の後期、103作目のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)は『おちょやん』です。ヒロインはあの高視聴率をたたき出した『花のち晴れ』一躍話題となった女優の杉咲花さんが演じます。

では朝ドラ『おちょやん』をもっと楽しめるべく、ヒロインのモデルになった人・キャスト(旦那役、家族役)やあらすじなどご紹介していきます。豪華俳優が勢ぞろいですよ!

【おちょやん】千代のモデルは誰?

出典元:https://showa-g.org/men/view/704

杉咲花さんが演じる竹井千代(たけい・ちよ)は、喜劇女優として昭和初期から後期に活躍した浪花千栄子(なにわ・ちえこ)です。

浪花千栄子演じる【杉咲花】

大阪の南河内の貧しい家に生まれ、幼いころに母を亡くした。父と弟の三人暮らしで、小学校にも満足に通えなかったが、口が達者で機転がきく少女だった。9歳のとき、女中奉公に出された道頓堀で、芝居の世界に出会い、いっぺんにその魅力にとりつかれる。
千代は奉公先を飛び出して京都へ向かい、女優の道へ飛び込んでいく──。

出典元:NHK「おちょやん」公式ページ

【名前】杉咲花(すぎさき・はな)
【生年月日】1997年10月2日(23才)
【出身】東京都
【身長】153cm
【血液型】B型
【所属】研音


【主な出演作品】
ドラマ
『とと姉ちゃん』『花のち晴れ~花男Next Season~』
『ハケン占い師アタル』『夜行観覧車』『学校のカイダン』『ハケン占い師アタル』

映画
『トイレのピエタ』
『愛を積むひと』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『十二人の死にたい子どもたち』

受賞作品一例
日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞『湯を沸かすほどの熱い愛』
日本アカデミー賞 新人俳優賞『湯を沸かすほどの熱い愛』

ブルーリボン賞 助演女優賞『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

あのCookDoの回鍋肉を美味しそうに食べると話題の美少女です!!

-杉咲花さんの『おちょやん』への意気込み-

私の演じさせていただく千代が劇中でお芝居の世界に魅了されていくように、素敵な共演者の皆さまとご一緒させていただける時間は、私の俳優人生においてもきっと刺激的で贅沢な、特別な時間になるのだろうなと、今から楽しみで仕方がありません。そして千代にとって、生涯良くも悪くも、とてつもなく大きな存在になるであろう天海一平を演じられる成田さんとは今回で5回目の共演ということもあり、とても心強いです。最後まで楽しい撮影現場になるように、そしてなにより素敵な作品をお届けできるように、皆さんと力を合わせて頑張ってまいりたいと思います!

出典元:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/422603.html

【おちょやん】あらすじ

大阪の南河内の貧しい家に生まれ、幼い頃に母を亡くした。父と弟の三人暮らしで、小学校にも満足に通えなかったが、口が達者で機転がきく少女だった。9歳のとき、女中奉公に出された道頓堀で、芝居の世界に出会い、いっぺんにその魅力にとりつかれる。千代は奉公先を飛び出して京都へ向かい、女優の道へ飛び込んでいく―

出典元:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/422603.html

“浪花のお母さん”そもそも“なにわ魂”とかで使う“なにわ”ってここから来たんです!そう考えると、竹井千代さんって…すごい影響力を持っている人ですよね。
そこまでの女優“大阪のお母ちゃん”の生涯見てみたいっっ!!演技派若手女優として大活躍している杉咲花さんが演じるのも納得。

【おちょやん】喜劇界のプリンスはこの人♡

やっぱり、どの朝ドラでも気になるのがヒロインのお相手役♡今大活躍中のあの俳優さんです。

おちょやん【喜劇界のプリンス役】は成田凌!

天海一平(あまみ・いっぺい)役→成田凌(なりた・りょう)

人気喜劇一座の座長、天海あまみ天海てんかいの息子。幼いころから子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて二人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

出典元:NHK「おちょやん」公式ページ

【名前】成田 凌(なりた・りょう)
【生年月日】1993年11月22日(27歳)
【出身】埼玉県
【身長】182㎝
【血液型】O型
【所属】ソニー・ミュージックアーティスツ

【主な作品】

ドラマ
『逃げるは恥だが役に立つ』『大貧乏』
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『わろてんか』
『磯野家の人々〜20年後のサザエさん』『アリバイ崩し承ります』

映画
『愛がなんだ』『さよならくちびる』
『スマホを落としただけなのに』『人間失格 太宰治と3人の女たち』
『カツベン!』『窮鼠はチーズの夢を見る』

受賞作品一例

日本アカデミー賞 第42回新人俳優賞『スマホを落としただけなのに』
『ビブリア古書堂の事件手帖』

キャスト一覧

キャスト【千代の家族】

竹井テルヲ(たけい・てるを)→トータス松本【千代の父】

養鶏で生計を立てているが、鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりの駄目な父親。見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。しかし、口は達者で女性にはモテる。千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。

出典元:NHK「おちょやん」公式ページ

 

竹井栗子(たけい・くりこ)→宮澤エマ【千代の新しい母】

父、テルヲが連れてきた、千代の新しい母親。料理屋の仲居をしていた栗子をテルヲが口説き落としたらしい。美人で粋な女性だが、テルヲ以上に朝寝坊で、家事もしない。千代とは次第に対立していく。

出典元:NHK「おちょやん」公式ページ

キャスト【道頓堀の人】

岡田シズ(おかだ・しず)→篠原涼子【芝居茶屋の女将】

岡田宗助(おかだ・そうすけ→名倉潤【芝居茶屋の主人】

富川菊(とみかわ・きく)→いしのようこ【ライバル芝居茶屋の女将】

キャスト【喜劇界の人々】

天海一平(あまみ・いっぺい)→成田凌【喜劇界のプリンス】

須賀廼家千之助(すがのや・せんのすけ)→星田英利【喜劇界のアドリブ王】

キャスト【上方演劇界の人びと】

大山鶴蔵(おおやま・つるぞう)→中村鴈治郎【上方演劇界のドン】

高城百合子(たかしろ・ゆりこ)→井川遥【千代が憧れる女優】

山村千鳥(やまむら・ちどり)→若村麻由美【千代の最初の師匠】

『おちょやん』放送日・放送時間

2020年11月30日~放送開始しました。

今のところは上記の予定ですが新型コロナウイルスで、前作の『エール』の撮影が一時休止していたため、放送が少し遅れた11月30日よりスタートしました。

【放送時間】

        毎週月曜~土曜
NHK総合     午前8時00分~8時15分
        午後0時45分~1時00分
BSプレミアム・BS4K  午前7時30分~7時45分

まとめ

・『おちょやん』の竹井千代のモデルは喜劇女優として昭和初期から後期に活躍した浪花千栄子(なにわ・ちえこ)。
・ヒロイン竹井千代役には、杉咲花さんが決定!
・喜劇界のプリンス(将来の旦那役)には成田凌さんが決定!
・その他キャストもトータス松本さん、篠原涼子さん、いしのようこさん、など豪華キャスト登場!
・放送予定は2020年9月28日~2021年3月までの予定

詳しい追加キャストや放送情報が入り次第お伝えします!

杉咲花さんと成瀬凌さん夫婦楽しみですね♪明るい朝ドラになりそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました