【長澤まさみ】実写版キングダムで話題「美しすぎる王」楊端和!

エンタメ

2020年5月29日の『金曜ロードSHOW!』で実写映画『キングダム』が地上波で初放送されましたね!
実写版映画の『キングダム』の続編も決まって、ファンからは喜びの声であふれています。

この映画は、原泰久さんの漫画で『週刊ヤングジャンプ』で連載されていました。
かなり人気の漫画なので、実写化に不安はありましたが、興行収入57.3億を叩き出した
大ヒット実写化映画となりました。

前置きが長くなりましたが、『キングダム』の放送を終え、Twitterでは【長澤まさみ】がトレンドに!
長澤まさみの楊端和美しすぎる】と話題になっていたのでご紹介していきたいと思います。

山界の死王【楊端和】(よう・たんわ)とは?!

山の民の美しき王で『山界の死王』と呼ばれるくらい山界一の武力で強い。
国を広げたいと秦国の王・清と同じ思いを持ち、秦国王に手を貸すことになる。

長澤まさみが演じた美しき王「楊端和」の画像公開!

普段あまり肌を見せている印象がない長澤まさみさん。
『キングダム』での戦闘シーンで、太ももが腕がチラリと見え、ドキっとしてしまうほど、美しい表情、そして戦闘服がとても似合っています。

これには「長澤まさみの楊端和は適役」「はまりすぎ」「本当の目の保養」など称賛する声に包まれました。

私も『キングダム』映画館で見たんですが、終わった後長澤まさみさんでいっぱいでした!それくらいハマり役でしたね!

【長澤まさみ】実は本格的なアクションは初だった!

『キングダム』の制作会見で、長澤まさみさんは楊端和役に不安があったそうです
なぜかというと、“本格的なアクションは初めて”だったそうです。

こんなコメントをしていますが、映画では見事なアクションシーンでしたよね。
主演の山崎賢人さん、秦王役の吉沢亮さんの役の仕上がりにつられて
長澤まさみさんも楊端和として役に同化していくことができたそうです。

たくさん努力して、映画チームが一丸となり実写化は大成功しました。

まとめ

実写映画『キングダム』大成功です!
長澤まさみさんの楊端和は本当に漫画のイメージを壊さず、適任でした。

初めてとは思えないアクションシーン、そして長澤まさみさんの美貌に視聴者はくぎ付けで、Twitterのトレンドにもなりました!
次回作が本当に楽しみです!

キングダム実写化映画の続編のキャスト予想をしてみたので、こちらもチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました