キングダムが大好き人が単行本18巻を読んだ感想【ネタバレ含む】

副業

『キングダム』は原泰久さんによる『週刊ヤングジャンプ』で連載されている大人気漫画です。
累計6,600万部を超え、まだまだファンを増やし続けている漫画です!

2011年には、2019年には映画化、2020年には映画第2作目の政策発表されるなどで注目を集めています。

ここでは、そんなキングダム大好き人が『キングダム』の第18巻のあらすじ、読んだ感想をまとめていきます!※ネタバレが多少ありますので、まだ読んでない方は注意してくださいね!

キングダム単行本18巻

【キングダム】第18巻・第185話『母子』

政の実の母親であり、太后の美姫(びき)と久しぶりに顔を合わせることに。
秦の実権は、現在呂不韋がもっており政は苦しい状態にありました。

そこで、太后である美姫の力を借りようとダメ元で政が会いにきたのです。

敵国の王子を産んだ美姫は、政以上に酷い日々を送っていたのです。
そんな息子も殺してしまいたいほど恨んでいたほどに……

果たして、美姫は手を貸してくれるのか―――

185話の感想

母親とは思えない面構え。なんか、怪しげで淫らなオーラがプンプンします。
政が素直に助けてと言えないところが、この二人の距離を感じました。

どうしても、太后には母親というような優しいオーラが見えないんですよね。

 

【キングダム】第18巻・第186話『美姫の面影』あらすじ

後宮で向が迷子になっていると、驚くべきものを目にしてしまう。
太后と呂不韋が、何やら怪しげな話をしていたのです。

そして、17年前は恋人だったことを知ってしまいます。

その後、太后と呂不韋は―――

186話の感想

太后様と呂不韋が、婚約者だったとは驚きでした。
そして太后様、美姫の時はすごく美しい!というか可愛い。
今の極悪感など全くありません。相当辛かったのでしょう……少し道場してしまいますよね。

そして、姦通のシーンは驚き&衝撃!!
太后様の印象がより強いものになったことでしょう。

【キングダム】第18巻・第187話『向、伝える』あらすじ

向は、深手のケガを負っていたが、呂不韋と太后がつながっていること政を伝えねばと親友である陽の元にたどり着きます。
陽は、向が危険であることを政に報告し、医術師を呼び一命をとりとめます。

向は未だ危険な状態にあるが、政に伝えることはできるのか――

187話の感想

向ちゃんも無理するけど、陽ちゃんも無理しすぎ!!
二人の熱い絆を感じました。この二人メインのストーリーも書いてほしい!

でもやっぱり…政と向の2ショット、なんだか安心しますよね。いい夫婦ですね。

【キングダム】第18巻・第188話『奇貨居くべし』あらすじ

呂不韋と太后の関係を疑うような噂が流れていました。
そして、三大宮家が現れたことでこの噂が真なのでは?!と呂不韋陣営は大混乱したのです。

呂不韋陣営が傾いている今、呂不韋を落とし王である政がここから攻めにでるのです。

188話の感想

呂不韋陣営が傾いている今、政が政陣営を士気を高めるための檄に鳥肌が立ちました!!説得力があり、やってやろう!と思える檄でしたね。
太后が味方に付かないことは想像していましたが、ここまで欲の塊な母とは面白い!ww

【キングダム】第18巻・第189話『揃い踏み』あらすじ

対魏攻略戦の総大将に任命されたのは、蒙驁(もうごう)将軍でした。
そして飛信隊は、蒙驁将軍率いる本陣の前方に組み込まれました。

ここで、王賁らと共に肩を並べることになる蒙恬と出会う。

そして、最初の城‟高狼”に到着する―――

189話の感想

信、蒙恬、王賁の3人が揃い、これからこの3人が良いライバルとして活躍していくのが楽しみです!
この3人で中で、一番早く大将軍になるのは誰なのか?!期待ですねぇ

【キングダム】第18巻・第190話『攻城』あらすじ

予想以上に城壁は強く、秦の攻略戦は苦戦していた。
‟高狼”城壁を守る四方の将軍は、守りに特化した将軍だったのだ。

その様子に蒙驁将軍は焦る様子もなく、このまま長期戦を続けるといいます。
しかし、兵たちはこの状況が続くことに焦りを感じていました。

そして、攻略戦11日目…王賁が動き出します――

190話の感想

さすが玉鳳隊でしたね。

戦の使うもののレベルが尋常じゃありません!
信は、絶対にこの策は考えられないし、今後見ることもなさそうなやり方ですよね。さすが王騎一族の血を引く王賁です!

【キングダム】第18巻・第191話『王賁の武』あらすじ

王氏宗家である王賁はこの攻略戦で、井闌車(いらんしゃ)を持ってきたのです。
ここで、王賁の驚くべき策により‟高狼”を落とすのです―――

191話の感想

王賁すげぇぇっぇえ!!と思ったし蒙恬せこいって思いましたよね。(笑)
そこで、王賁が先を越された我らが問題。といったところ、男前です。

【キングダム】第18巻・192話『侵略の現実』

‟高狼”を陥落させた秦は、降伏した相手への酷い蹂躙行為を見たのだ。
信はこの状況に激怒し、味方である秦国の千人将に牙を向きます。

味方を切れば、今までの成果すべてを失うことになる。
果たして信はどうするのか―――?

192話の感想

勝ったからといって犯したり、乱暴したりする姿を仲間でも見て見ぬふりをする。
本当にこんなことが昔はあったんですね。いかれている!

やられている家族を目の前で見ること、目の前で家族を殺されるなんて絶対あってはなりませんね!信どうする!?

【キングダム】第18巻・第193話『俺の戦り方』あらすじ

蹂躙行為をやめない千人将に刀を向けられ、信は千人将の腹を切ります。
どんな理由であろうと、飛信隊は外道な行為を許さない――と。

普通なら斬首になる行動だが、蒙恬に助けられました。

そして、この先の戦うことになる大人物が登場した。その男は――

193話の感想

このシーンの信、かっこよかったーーー!!!
飛信隊入りたい!一生ついていく!!って思える頭首でしたよね?

いよいよ廉頗将軍登場です!最後の廉頗将軍かっちょい!!

【キングダム】第18巻・第194話『その男、廉頗』あらすじ

趙軍の三大天である廉頗(れんぱ)将軍。
かつて、趙軍対趙軍の激戦があった。
趙軍に即位した悼襄王(とうじょうおう)は歪んだ王でした。
廉頗の大将剥奪を命じ、それに対して廉頗は拒否したのだ。

そこで、悼襄王は趙軍NO.2である楽乗将軍に廉頗を討つよう命じたのだ。

そこで廉頗将軍は、楽乗将軍を―――

193話の感想

廉頗将軍、昔は趙にいたんですね。
国よりも戦が好き。本当に将軍として自分を貫いていて尊敬です。
今後もっと熱い廉頗将軍が見られそうですよね!

【キングダム】第18巻・195話『近利関の夜』あらすじ

開戦してから役一か月…
蒙驁軍は3つ目の城‟近利関”を攻めていた。

玉鳳隊、楽華隊の武功に比べ遅れをとっている飛信隊、ここで武功を収めることができるのか―――

195話の感想

少々荒っぽい信ですが、飛信隊の良さ、強さが感じられました。
特に後半で出てくるかくび千人将…これから重要人物になるかなと思ったのですが、
どうやら相手の敵のほうが主要だったようです・・・

『キングダム』のアニメを無料で視聴する方法

アニメ『キングダム』は現在、日曜24時15分~NHK総合にて第3期が放送されています。(※新型コロナウイルス拡大の影響で、5話以降の放送が延期されています。)

漫画『キングダム』を無料で視聴するおすすめの方法を2つ紹介します。

・『Hulu』の2週間無料トライアル(それ以降は税込み月額1026円※)
・『dTV』の31日間無料トライアル(それ以降は税込み月額550円)

まだ登録していない方は試さないと損ですよ~!

※『Hulu』のiTunes Store決済の場合には1,050円(税込)となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました