美容液の選び方を解説!悩みに合わせた有効成分やテクスチャーを紹介!

プロフィール

普段のスキンケアに美容液を取り入れたいという方、種類が多すぎてどれを選んだらよいのかわかりませんよね。そこで、今回は美容液の選び方と美白・高保湿・アンチエイジングの目的別の有効成分をご紹介します。美容液を選ぶ際に、美容有効成分をしっかり確認することで自分の肌の悩みを解決することができますよ♡

美容液選び方【悩みで美容液タイプを選ぶ】

スキンケア商品や美容液に種類がたくさんあるのには、肌のタイプ別、悩み別に合わせての商品があるからです。そのたくさんの中から、自分の肌に合い、悩みを解決してくれる美容液を探すのが大切なポイントになります。

あなたは今どんな悩みをかかえていますか?当てはまるものをチェックしてみてください。

美白タイプ美容液がおすすめ

✓しみ・そばかすが増えてきたから薄くしたい
✓目の下のくま・くすみが気になる
✓目元の色素沈着をどうにかしたい
✓肌の色をトーンアップさせたい

こんなお悩みを抱えている方は、美白タイプの美容液を選ぶと効果的です。

高保湿タイプ美容液がおすすめ

✓乾燥肌で粉をふいてしまう
✓1日中肌に潤いを与えたい
✓肌にハリがなくなってきた
✓敏感肌で肌が荒れやすい

こんなお悩みを抱えている方は、高保湿タイプの美容液を選ぶと効果的です。

アンチエイジングタイプ美容液がおすすめ

✓しみ・しわ・くすみを薄くしたい
✓目の下のたるみや小じわが増えてきた
✓しみ・しわ予防を今のうちにしておきたい
✓肌にハリがなくなって、潤いがなくなってきた

こんなお悩みを抱えている方は、アンチエイジングタイプの美容液を選ぶと効果的です。

3つのタイプ別美容液をご紹介しました。自分の肌に合った美容液タイプは見つけられましたか?
【美白】【高保湿】【アンチエイジング】と3つに分類しましたが、使い心地のいいテクスチャーを使用することもポイントになります。次は、テクスチャーの種類について紹介していきます。

美容液選び方【好きな使い心地でテクスチャータイプを選ぶ】

先ほど3つの悩み別に美容液種類を分類しましたが、今度は使い心地(テクスチャー)についてです。
具体的には、剤形のことをいい、化粧水のような液状のもの、ジェルタイプのもの、乳液のようなローションタイプ、クリームのようなこっくりしたものまであります。テクスチャー別にメリットデメリットを確認して自分にあった使い心地が良い物を選んでいきましょう!

化粧水(液状)タイプ

【メリット】
・さらっとしてべたつかない
・みずみずしく潤う
【デメリット】
・乾燥肌タイプには保湿力が十分ではない

ジェルタイプ(オールインワンジェル)

【メリット】
・さらっとして肌に浸透しやすい
・オールインワンジェルだと時短になる
【デメリット】
・季節などの肌の変化に合わせることができない

乳液(ローションタイプ)

【メリット】
・化粧水よりもとろみがあって保湿できる
・軽い液体からこっくりとした濃い液体まで種類がある
【デメリット】
・こっくりした液体の乳液はべたつきが気になるときがある

クリームタイプ

【メリット】
・しっかり塗りたいときにポイントに塗れる
・保湿力がある
【デメリット】
・量が少なめ
・べたつくタイプのものもある

美容液の使い心地(テクスチャー)のメリットデメリットを紹介しました。


さらっとした使用感が好きという方には、化粧水や乳液タイプ。
乾燥が気になる方や、しみや小じわなどポイントに塗りたい方は保湿力が高いクリームタイプ。
忙しい方、なるべく工程を減らしたい方、時短スキンケアを探している方はジェルタイプ(オールインワンジェル)がおすすめですよ♡

続いては、気になる有効成分をご紹介していきます!

美容液の有効成分をタイプ別に徹底調査!

美容液を購入する際に、プラセンタ配合!だったりレチノール配合!といったキャッチコピーをよく見かけます。「あ~これは保湿効果が高いのか」「これは美白効果があるのか」ということはわかりますが、同じ効果でも、どの有効成分の美容液を購入すればいいのか迷ってしまいますよね??
自分の悩みのタイプに効果的な有効成分を知っていくことで、(例)保湿+美白成分を合わせた美容液などといった自分が探していた美容液を選ぶことができるようになります。ぜひ、チェックしてみてくださいね♡

美容液の有効成分【美白編】

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・アルブチン
・コウジ酸
・カモミラET
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・4MSK
・エナジーシグナルAMP
・マグノリグナン
・プラセンタエキス
・ニコチン酸アミド
・D⁻メラノTM
・AMP
・TMC
・PCE⁻DP

美容液の有効成分【高保湿編】

・ヒアルロン酸
・セラミド
・コラーゲン
・スクワラン
・グリセリン
・アミノ酸類
・BG
・DPG
・糖類
・ワセリン
・ライスパワーNo.11
・DL⁻PCA・Na液

美容液の有効成分【アンチエイジング編】

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・プラセンタ
・エラスチン
・レチノール
・アスタキサンチン
・アミノ酸類
・DMAE
・ビタミンC
・ペプチド
・ナイアシンアミド
・AHAとBHA

美容液の選び方を解説!悩みに合わせた有効成分やテクスチャーを紹介!まとめ

美容液の選び方とテクスチャー別メリット・デメリット、美白・高保湿・アンチエイジングの有効成分をご紹介しました。
これで今日からあなたに合った美容液を選ぶことができます!肌質は人それぞれ違い、季節や年齢で変化していきます。肌の状態によっても適切なスキンケアをして美肌を保っていきたいですね♡

関連記事しみしわを改善!おすすめプチプラ美容液10選♡【エイジングケア編】
関連記事しみしわ・美白効果抜群のプチプラおすすめ美容液10選【美白編】
関連記事もち肌になれる♡プチプラおすすめ人気美容液10選【高保湿編】

コメント

タイトルとURLをコピーしました