未経験ライター必見!文章力を上げるコツ&やるべきこと

未経験ライター必見!文章力を上げるコツ&やるべきこと 副業

メディアや雑誌、ブログなどの記事を受注し、文章を書いて稼ぐことができる職業「ライター」。今回は、未経験でライターを目指す人が稼ぐ方法について紹介します。未経験ライターが稼げるようになるコツ、文章力を上げるコツ、文章力は必要ないといわれる理由まで、詳しく解説します。

ライターとは?

ライターとは、メディアや雑誌、ブログなどの記事を受注し、文章を書いて稼ぐことのできる職業のことをいいます。ライターの仕事は、未経験でも受注することができ、フリーランスとして活動している人も多い職業です。

仕事の受注方法は、記事が掲載される媒体の編集者から依頼される流れとなります。依頼に沿った取材、調査、構成、記事編集の能力が必要になり、ただ文章を書けばいいだけではなく、読む人に伝わる文章を書くことが重要です。しかし、未経験の人のなかには「文章力がない」と自信がない方も多いでしょう。この記事では、文章力の上げるコツについて紹介します。

ライターに文章力は必要ない?

未経験の人がライターとして稼ぐには、文章力が高いのではなく、クライアントに沿った文章を書くことが重要です。掲載されるメディアや雑誌の記事をよく読み、その媒体に合った文章を書くことが大切なのです。ただし、基本的な文章力はもちろん必要になります。

クラウドソージングなどで、文字単価0.5~0.9円程度の仕事であれば未経験でも受注することができるでしょう。しかし、フリーランスとして活動を目標としている人には、文字単価1.5円~以上が必要となります。

なかなか文字単価の高い案件に受からない人は、自分の文章力が足りていない可能性があります。それでは、未経験のライターが文章を上げる方法について後の見出しで解説します。

ライターに文章力が必要ないといわれる理由

ライターに「文章力は必要ない!」と公言しているライターもなかにはいますが、一定の文章力は必要だといえます。なぜ文章力が必要ないという人がいるのかというと、「ある程度の文章を使い、読み手に伝わる文章をかく」「業務する上での適切なコミュニケーションが取れる」というスキルが重要だからです。

つまり、ライターには高度な文章力は持たなくても、数をこなせば自ずと文章力がついていきます。最初のうちは単価が低かったり、PV数が伸びないと悩んだりすることもあるかもしれませんが、一定な文章力、コミュニケーション力があれば大丈夫です。ぜひ文章力がないからといって躊躇せず、チャレンジしてみてください!

未経験ライターが文章力を上げるためにやるべきこと!

未経験ライターが文章力を上げるには、とにかく文章の読み書きをすることが大切です。それでは、実際に未経験ライターだった私が、文章力を上げるために行ったことは以下の通りです。

①ブログを作成し、記事をひたすら書く
②検索結果の上位の記事を読みあさる
③文章力の本を読む
④クライアントのマニュアルを参考にする

それでは、①から順に詳しく解説します。

ブログを作成し、記事をひたすら書く

未経験ライターが、文章力を上げるにはブログを作成すると効率が格段にアップします。なぜなら、勉強したライティングのスキルを、自分のブログで自由に練習できるからです。クライアントから受注した記事でも練習はできますが、メディアや雑誌による傾向、ルールが厳しく定められています。

メディアや雑誌から受注した仕事は厳しいチェックが行われ、修正がかかることが多いです。未経験ライターにとって、多量の修正はモチベーションダウンになってしまうこともあります。まずは、自分の好きなジャンル、好きな物などの記事を書いて練習し、文章に慣れることが必要でしょう

また、自分でブログを運営することでメリットがたくさんあります。例えば、ブログをポートフォリオにして、実績やスキルをクライアントに証明することができたり、Googleアドセンスなど広告を掲載することで、副収入を得られたりします。

検索結果の上位の記事を読む

未経験ライターが参考するべきメディア記事は、検索結果の上位の記事です。Googleのクローラーと呼ばれるプログラムが、世界中のメディアを巡回し、関連度の高い記事を選別し、検索結果に表示する順位を決めています。

たとえば、ユーザーが「ライター 未経験」と検索したとしましょう。「ライター 未経験」と調べる人は、「未経験でライターの仕事ができるのか」「未経験のライターの仕事を探している」「未経験のライターのスキルを上げたい」など、さまざまな検索意図が考えられます。

そこで、検索結果を参考にしてみましょう。「ライター 未経験」で検索上位に上がるサイトの記事は、Googleのクローラーが判断した最適な記事ということです。まずは、狙うキーワードの検索上位がどんな記事なのかよく読むこと、真似して書いてみること、そして検索した人の意図を考えることを身につけましょう。

文章力の本を読む

未経験ライターが基本の文章力や語彙力をつけるには、文章力を上げる本を読むのがおすすめです。日本語は意外と知らないルールがあり、間違った日本語や言い回しをしているメディア記事をよく見かけます。文章を書くための基本、文章校正、助詞の使い方など、分かりやすく例文など用いて紹介してくれます。

Webライターとして活動を目指したいという方は、SEOについて勉強しておくのも大切です。SEOとは、Googleなどの検索エンジンからアクセスを集めるために最適化することです。Webライターとして稼ぐなら、SEOのスキルが必要になってきますので、しっかりと基本を押さえておきましょう。

クライアントのマニュアルを参考にする

未経験ライターは、クライアントのマニュアルを参考にすると文章がぐっと読みやすくなります。仕事を受注する際に、各社マニュアルが用意されています。例えば、以下のようなことがマニュアルに記載されています。

・~ですます調に統一されているか
・同じ接続詞を連続して使用しない(また、しかし、など)
・曖昧な表現はなるべくしない(~かも、ようです、など)
・用語が統一できているか(子ども、子供、こども、など)

サイトによって違いがありますが、マニュアルをしっかりと意識することでぐっと読みやすい文章になります。クライアントから仕事を受けた際は、マニュアルをしっかりと読み、文章に取り入れていきましょう。

未経験ライターが文章力を上げるのにおすすめの本

未経験ライターが文章力を上げるには、実際に読み書きを行うことが近道です。ここからは、実際に文章力を上げることができた本、ライターとしてためになった本を厳選して紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

すぐできる!伝わる文章の書き方 確実に文章力がつく!7つのステップ 

フリー編集者・ライターとして活動する、赤羽博之(アカバネヒロユキ)さんの著書です。ブログ・プレゼン資料・議事録・メール・企画書・プレゼン資料・報告書などの文章の基礎がしっかりと学べます。シンプルな解説、間違った文章(NG)、正しい文章(OK)が具体的に示されているので、しっかりと頭に入ってきます。

文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック

米国系IT企業のCEO・昭和女子大学ライティングサポートセンターで文章指導など行っている文章のプロ・阿部紘久(アベヒロヒサ)さんの著書です。この本では、分かりやすく読みやすい文章を書く77のテクニックが学ぶことができます。

読点の打つ場所、「て・に・を・は」の正しい使い方、言葉の揃え方、言葉の使い分け方、修飾語の使い場所などが分かりやすく紹介されています未経験ライターは、記事を書き終えたらこの本で間違っている文章がないか、さらに読みやすい文章にできないかを確認するのがおすすめです。こちらも、間違った文章(NG)、正しい文章(OK)が具体的に示されています。

沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘

日本の作曲家、ピアニストとして活動する傍らWebプロデューサーとしても成功している松尾茂起(マツオシゲオキ)さんの著書です。未経験でWebライターとして稼ぎたいという方は、SEOに関する知識を学んでおきましょう。ライターとして必要になる、キーワード選定、Webで評価される文章の書き方を勉強できます。

SEOと聞くと難しいイメージを持ってしまいがちですが、この本はストーリーが面白く、Webマーケティングに苦手意識のある初心者の人でも読みやすい本になっています。

未経験ライターが文章力を上げるのにおすすめのアプリ!

未経験ライターが文章力を上げるには、アプリで練習するのもおすすめです。通学や通勤時間などいつでもどこでも行えて文章力が身に付きます。アプリはクイズ形式行われるゲーム感覚のものから、文章を実際に書いて投稿してみるSNSなどさまざまです。どんな使い方をすればよいかも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

語彙力診断

この『語彙力診断』のアプリでは、語彙力を鍛えることができます。語彙力とは、どれだけ多くの単語を知っているか、それを使いこなせるか、という能力のことです。この『語彙力診断』アプリでは、小学校高学年~社会人までと問題レベルが幅広いため、さまざまな人に活用できるアプリです。

テスト形式で繰り返しプレイするうちに無理なく語彙力がつくため続けやすいことも魅力です。広告なしのバージョンは無料でプレイできるので、ぜひ試してみてください。

語彙力診断【広告付き】

語彙力診断【広告付き】

NOWPRODUCTION, CO.,LTD無料posted withアプリーチ

Twitter(ツイッター)

Twitterは、SNSのなかでも文章力を鍛えるのに最適です。なぜなら、投稿を140字以内に抑えて投稿しなければならないからですたとえば、ライターに必要なライティングについてTwitterで情報発信しているとします。例として「初心者ライターが気を付けるべきこと」をテーマに字140以内に要約し、まとめてみたので参考にしてみてください。

Twitterの例

初心者ライターが気を付けるのは、納期を守ること。ライターとして働く上で、納期を過ぎると信用を失います。
納期ギリギリで作業をしていると、誤字脱字などのミスが生じる可能性が高いです。提出期限より1週間~3日前に記事を仕上げておくと見直しもしっかりでき、クライアントからも信頼されます。

このような感じで、要約して文章をまとめると文章力が鍛えられるのでおすすめです。ライターにとって、1文で分かりやすく読み手に伝えるという技術が肝になります。ぜひ、実践して文章力をあげていきましょう!

Twitter ツイッター

Twitter ツイッター

Twitter, Inc.無料posted withアプリーチ

ライターはSEOについても理解しておこう

ブログ記事を執筆している上で、一度は【SEO】(エス・イー・オー)というワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。

SEOとは、『検索エンジン最適化』のことで「Search Engine Optimaization」の略です。具体的にいうと、自分のブログやWebサイトを、GoogleやYahoo!などの検索エンジンサイトにヒットさせるように最適化することのことをいいます。

例えば「ライター 文章力」と検索した際、ライター未経験の人が文章力を上げる方法について、検索の上位にヒットします。この上位のサイトは、Googleが常にあらゆるWebサイトを巡回し、更新されていく仕組みとなっています。

では、なぜライターにSEOのスキルが重要なのかというと、Web業界にとってアクセス数が収益となるため、「検索エンジン上位の記事=質のいい記事」となるからです。ライターがSEOについて正しく理解し、質のいい記事を書くことがクライアントに求められるスキルといっても過言ではありません。未経験ライターが、スキルを上げるにはSEOについてもある程度理解しておく必要があるでしょう。

文章力を上げるためにブログを始めてみよう

先ほども紹介しましたが、文章力を上げるにはブログを始めるのが最適です。本を読んだり、アプリで鍛えたりするのもよいですが、実際に文章を書いてみる方が手っ取り早いのです。無料ならはてなブログ、デザインをこだわりたい人にはWordpressがおすすめです。

実際に文章を書き続けることで、タイピングも早くなり、自分の文章を客観的に見ることができます。自信をもって書いた記事でも、毎日ブログを書き続けた数か月後に見直してみると驚くほど文章が変だということがほとんどです。

自分の興味があること、勉強したいこと、専門知識があること、現在の仕事のことなど、自分の書きやすいジャンルで始めると継続しやすいでしょう。

未経験ライターは読み書きが文章力を鍛える!

未経験ライターが、文章力を上げるには文章を読むこと、文章を書くことが一番の近道です。リサーチした情報を、自分の文章で読者に分かりやすく伝えることがライターとしての仕事です。質のいい記事を書くためには、SEOの知識や語彙力も磨いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました